不動産を売る流れ

不動産が売却されるまでの流れをご紹介致します。どのように売れわたっていくのでしょうか? - 不動産業者に仲介を依頼すること

不動産業者に仲介を依頼すること

不動産を売却したいという場合、自らが全てを行うということはもちろん可能です。
しかしながら、その大半の方が不動産業者に仲介をしてもらうという傾向もあるのです。
安心した取引がしやすくなりますし、専門的に知識がある「プロ」に依頼をするほうが良いと判断されるのがその理由となるでしょう。
今回はそんな仲介について考えてみましょう。

仲介をする際認識しておきたいこと

仲介をしてもらう際には、当然ながら金銭的な負担は発生します。
いわゆる「仲介手数料」というものです。
手数料に関してですが、契約が成立をした段階で発生するものとなっています。
要は、買主が決まり契約が結ばれない限りは発生しない金額であるということなのです。

仲介をするメリットとは

買取と比較をすると、仲介で不動産売却を行ったほうが価格面で有利に働きます。
買取は売却と比較をすると6割程度の価格であるともいわれていますので、仲介手数料が発生すると過程をしてもお得であるということがいえるのです。

仲介の契約期間について

不動産売却は「この段階までには必ず売却が出来る」という確定的なものではありません。
ですから、長期的に契約を結ぶことも可能となっています。
期限を特に設けていないという業者も多いようではありますが、中には期限を定めているところもありますので、契約内容を事前にしっかりと確認していただくことをおすすめしたいと思います。

査定・相談を積極的に

今回は仲介について考えていきました。
不動産業者も数多く存在していますから、もっとも信頼が出来る業者を選ぶためにもいくつかの業者に査定を依頼したり相談をしたりと比較検討をされると良いでしょう。
それが、満足できる取引につながるポイントなのです。

関連する記事

Copyright(C)2016 不動産を売る流れ All Rights Reserved.