不動産を売る流れ

不動産が売却されるまでの流れをご紹介致します。どのように売れわたっていくのでしょうか? - 不動産売買契約を破棄・解除したい場合

不動産売買契約を破棄・解除したい場合

不動産を売却したいという場合、査定をし流れに沿って進めていくことで買主と契約をスムーズに結ぶことが出来ます。
これらは、仲介してくれる業者が進めてくれることも多いので初めての方でも安心していただけるでしょう。
とはいえ、ケースとして考えられることの1つとして「買主との契約を解除する」ということです。
今回はそのような部分について考えていきましょう。

契約時に発生している金額について

契約の交渉がまとまって、売買手続を業者・売主・買主で進めていき「売買契約」を結びます。
この時点で価格の10%〜20%程度の手付金が支払われていることでしょう。
ですから、この段階で破棄をするということをする場合「すでに金銭のやり取りが発生している」ということも考えておかなくてはなりません。

契約破棄について

手付金を返還すれば破棄が出来る。
そのように考える方も多いようですがそればかりではありません。
さらに同等の金額を買主に対して支払うことが求められるのです。こうした事態に陥らないためにもしっかりとした交渉を進める必要があるわけです。

買主側からの破棄のケース

万が一、買主側から売買契約を破棄したいと申し出がありそれを認めたというケースにおいては、買主が手付金を放棄するということになるでしょう。
この場合、売主側の金銭的リスクというものは発生しません。

破棄・解除はできるけれど避けたい事でもある

不動産売却の際の破棄や解除について見ていきましたが、可能だということがお分かりいただけたかと思い酢。
しかしながら、出来れば避けたいことともいえるのです。
トラブルに発展するケースもありますので、十分に納得をした上で売却を進めていくようにしましょう。

関連する記事

Copyright(C)2016 不動産を売る流れ All Rights Reserved.